2011年09月28日

脱原発に向けて

静岡県の牧之原市議会で大英断がありましたね。

政府の要請で運転停止中の浜岡原発が、「確実な安全・安心が担保されない限り、永久停止すべきだ」という決議案が可決されたというもの。
市長さんも本会議で「直下型の東海地震が起きる可能性が高く、永久停止は譲れない」と表明したらしい。

その通りだと思うし、「福島第1原発で重大事故が発生した事実を鑑みれば、まず第一に市民の生命、財産を守ることを考えなければならない」本当にこの言葉を他の原発を推進している人たちに聞いてもらいたい。
これはもう想定外なんて言ってられない事態なんですから。

福島のことも今後何十年とガン患者が増えてきたりと大変だと思うし・・・。
こういう流れが増えてくるといいですね。
posted by ごろ at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。